県条例等に基づいて作成したものや、個人名が入っているものがありますので、会員以外へのパスワード漏洩のないようお願いします。
 

サイト内検索

Internet Explorer バージョン11でダウンロード等に具合が生じる場合、互換表示させることで解決できます。参考にしてください→ie11対処法.pdf
 

総務部事業計画

  事 業 項 目

説           明

 

 1 代 議 員 会

 1 代議員会は会則の定めるところにより、本会の最高議決機関として、重要

   事項について審議決定する。(年1回開催する)

 2 議長は、慣例により、東信・南信・中信・北信の地区順に担当する。

   (平成30年度 東信地区  平成31年度 南信地区)

 2 地区研会長会

 1 年間開催5回を予定し、順次事業内容を協議検討する。

 2 代議員会の決定事項に沿って本会と地区研の連絡調整、研究活動の推進と

なる会にする。

 3 地区研相互の連絡調整、地区研活動の情報交換をはかる。

 4 地区研の要望や意見が反映できる話し合いの場とする。

 5 県事研の事業内容、最新情報などの会員への迅速な周知をはかる。

 3 役  員  会

 1 必要に応じて役員会を開催する。

 2 代議員会の決定事項に沿って、その具体的な推進運営にあたる。

 4 選挙管理委員会

 1 会則の定めるところにより、選挙管理委員会を設置する。

 2 担当地区は慣例により、東信・南信・中信・北信の地区順に担当する。

   (平成30年度 北信地区  平成31年度 東信地区)

 5 監  査  会

  会則の定めるところにより、会計監査を受ける。

 6 会の運営全般

 1 本会の全体的な事業推進の連絡調整、協力を行う。(各部、委員会等)

 2 予算執行について、効率的な執行をするとともに、負担金等の早期納入を

働きかける。

 3 財源確保の検討をすすめる。

 

 7 表彰審議委員会

  表彰規則による表彰者を代議員会で表彰する。

 (平成6年度代議員会付帯決議により功労表彰については当面の間実施しない。)

 8 関東地区公立小

中学校事務職員

研究協議会・全

国公立小中学校

事務職員研究会

との連携

 1 関東地区公立小中学校事務職員研究協議会(関事協)及び全国公立小中

学校事務職員研究会(全事研)との連絡調整を行う。

 2 各種研修会の要項配布及び取りまとめを行う。

 3 情報交換を行う。

 4 全事研に組織加盟を継続する。(115名分で加盟)

 9 渉    外

 1 関係機関等の本会に対する理解と協力体制の確保をはかる。

 2 県事研の年間事業、研究活動の推進、組織内での相互理解をはかり、協力体制を
   確保するよう努力する。

 3 関係団体との懇談会を計画実施する。

   県教育委員会(実務に関する懇談含む)・県小中学校長会・県教組事務職員部・
   公立学校共済組合(事務職員部と合同)等
各種改善要望事項について継続して扱
         う。

  交付金維持をはかる。

10  庶務的事項の

確 認

 ※ 本会運営上必要な事項の庶務を処理する。

 ※ 本会で負担する旅費は、県事研旅費取扱要領による。

 ※ 会議通知等各通知・文書については、職印を省略する。

 

研究部事業計画

事 業 項 目

説           明

1 研究基本テーマ  に係る実践

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 研究推進委員会を設置し、より具体的な研究実践がすすめられるように活動する。

(1)委員会の構成及び運営

①委員7名(うち理事1名)を委嘱する。

  ②会議は年6回程度開催する。

(2)活動内容

  ①第Ⅱ期研究実践計画に沿って、「協働」「連携」「可視化」「発信」の

4つの視点を大事に考えた実践を推進する。

  ②上記①の具体的な活動として、委員が地区研に出向き研究実践が段階的

にステップアップしていく内容で説明・研修を行う「出前講座」と「研究推進委員会だより」による情報及び資料提供を行っていく。

③会員・地区研の意見を吸い上げ、研究実践がスムーズにすすむよう方策

等について引き続き検討し、会員・地区研へ提案していく。

  ④これまでに蓄積された実践事例が会員に活用されるよう周知をはかる

とともに、学校単位の事例の収集と活用も含め、あらたな事例収集の方法を検討していく。

⑤地区研研究部長会との連携をさらに深め、積極的にかかわっていく。

 地区の状況、課題等を把握し、推進する方向を見出し、地区研のサポ

 ートを行う。

 

2 これまでの実践がより確実なものとなるように研究実践の定着をはかる。

(1)標準的職務表、情報管理研究、校務分掌の改善、規程化研究等、これま

   での研究実践について引き続き研究をすすめ、改善と定着がはかれるよ

うにする。

  ①県教育委員会、県小中学校長会、県教組事務職員部との懇談会で共通理

解をはかる。

  ②研究実践の定着について調査・分析を行い、定着への資料とする。

(2)地区研研究部長会を年2回開催し、研究活動の課題や地区の研究についての情報交換、研究課題について意見交換等を行う。また研究をすすめるための方策を話し合い、研究推進に関する研修の場にもしていく。

  ①期日  7月5日(木)   2月8日(金)

  ②地区研の活動内容、研究体制についての調査・分析、研究推進に関する

意見交換を行う。研究推進のための有効な機会となるよう、さらに会議

内容の充実をはかる。

  ③市町村(教委)、学校、事務職員(組織)が連携できるような研究体

制を推進する。

3 学校・市町村が抱える学校務にかかわる課題について、地区研会長会や地区研研究部長会等を通じて意見交換を行う。

2 事務指導書の   編集等

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 事務指導書編集委員会を設置し、事務指導書の編集業務及びWebによる事
  務指導書の掲載と運営、活用方法の周知をする。

(1)委員会の構成及び運営

  ①委員9名(うち理事1名)を委嘱する。

  ②会議は年8回程度開催する。

  ③編集は基本方針に基づき、加除修正を行う。

  ④改正事項について、すみやかに改訂できるように努める。

  ⑤事務指導書サーバーのセキュリティ対策に配慮して、より安全な形

で公開する。

  ⑥Webを活用し、より使いやすい事務指導書になるよう努める。

  ⑦急を要する修正への対応について検討していく。

  ⑧「事務指導書編集委員会だより」を年3回発行する。

(2)改訂の回数は年2回(11月・3月 更新予定)

(3)「職務内容の明確化」「職務の標準化」「地位の向上」への研究を深めるとともに、適正な事務処理のため事務指導書の活用等の周知に努める。

2 事務指導書のWebでの運営に伴う諸課題について検討する。

3 学校事務様式集の加除修正については、県事研ホームページに掲載し諸制度
 の改正に迅速に対応できるよう努める。また事務指導書に掲載 されている
 様式は、今後も様式集に取り入れていく。

4 学校事務にかかわる諸表簿について、必要に応じ信州教育出版社との連絡調整を行う。

5 様式集の分類のしかたについて研究する。

3 第52回長野県

  公立小中学校事務職員研修大会分科会の運営

分科会「実践交流Ⅱ」の運営を、研究推進委員会とともに行う。


4 平成32年度

(2020年度)全国公立小中学校事務研究大会岐阜大会および

関東地区学校事務研究大会栃木大会での分科会レポート作成

 

平成32年度(2020年度)に開催される第52回全国公立小中学校事務

研究大会岐阜大会および第52回関東地区学校事務研究大会栃木大会での分

科会運営及びレポート発表に向け、全国・関ブロ大会レポート作成委員会を

設置する。

1 委員会の構成及び運営

(1)委員9名(うち理事1名)を委嘱する。

(2)本年度の会議は年8回程度開催する。

2 役員会と連絡を密にし、県事研としてのレポートとする。

 

研修部事業計画

事 業 項 目

説           明

1 第52回長野県公立小中学校事務職員研修大会の開催

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 ねらい

基本目標及び研究基本テーマをふまえ、学校事務の役割を追求するとともに、事務職員の資質及び勤務能率の向上を図り、学校経営への参画に資する。

2 主 催

長野県教育委員会・長野県公立小中学校事務研究会     

3 期 日

平成30年10月25日(木)

4 会 場

長野県総合教育センター     

5 内 容

県教育委員会行政説明・全体研修(講演)・10分科会 

6 具体的推進

(1)  参加者が自らの資質向上のために、目的をもって積極的に参加し互い

に協力し合い、事務職員が自ら創り出す研修大会となるようすすめる。

(2) 分科会担当地区研では、講師等との事前研究会を積極的に設けるなど、研修大会当日までの過程を大切に扱うようにすすめる。

(3)地区研では事前学習や還流学習会を設定して、研修成果を交換し合い、応用・発展・充実をはかるようすすめる。

(4)事前準備と運営の簡素化をはかっていく。

(5)地区研の分科会参加人数は、県事研で決定する。

(6)詳細は代議員会、運営委員会において決定し、推進する。

  第37回長野県学校事務研究会の開催

1 ねらい     

本会の自主研修会として、また事業1の研修大会を補完する研修会として、次の視点の中からねらい及び内容を定めていく。   

(1)職場や地域における職務上の問題点を掘り起こした研究や実践を発表し合い自由な意見交換をとおして、資質の向上や勤務能率の向上をはかる。

(2)実務における問題点などの事例研究を行う。

(3)事業1の研修大会の研修科目以外の課題に関する研究協議と、研修科目の中で残された問題点等を見直す場とする。

(4)各委員会、地区研及び会員の研究発表の場及び活動報告の場とし相互理解をはかるとともに、リーダー養成の機会としながら、全体のレベルアップをはかる。

(5)研修会参加をとおして、事務職員相互の情報交換をはかる。

2 期 日

平成30年12月4日(火)

3 会 場

塩尻総合文化センター       

  

4 内 容

(1)  職場における実務研修に関すること (2)事務改善に関すること

(3)学校運営に関すること (4)事務職員の資質向上に関すること

(5)県事研の研究に関すること (6)特設講座

5 参加者

(1)公立小・中・義務教育学校事務職員

(2)県下各地から幅広い層の参加が得られる手だてを講ずる。

3 第4次研修計画の具体化

1 第53回長野県公立小中学校事務職員研修大会の準備

(1)  研修計画策定委員会報告書「礎をもとに自分を磨き、それぞれのNEXT LEVELへ」及び、研修計画検証委員会報告並びに役員会見解を基に、今後の研修大会の企画・準備をすすめる。

(2)研修計画8年目(平成31年度)の分科会担当・県事研担当分科会及び専門講師分科会を企画・準備する。

(3)研修計画9、10年目[平成32、33年度(2020、2021年)]の分科会担当地区及び専門講師分科会を決定する。

2 「研修の自己記録票」の活用 

第52回研修大会及び第37回研究会の中で記入時間を確保するとともに、各種研修機会において活用されるよう周知する。

補助資料についても、合わせて利用することでより自己の研修を客観的に把握し、自己啓発につなげることが期待できるため、活用に向けて周知する。

4 各種研修会への参加

1 ねらい

会員が各種研修会へ積極的に参加し、研究や実践を発表し合うとともに、研究討議をとおして他地域の実情や取り組みについて学び、自らの資質の向上に努め、成果について還元されるようすすめる。 

2 各種研修会への参加 

(1)会員が各種研修会へ積極的に参加するよう地区研へ働きかけを依頼する。

(2)本会から、50周年記念全国公立小中学校事務研究大会(千葉大会)

(8月1日~3日千葉市)へ市町村費会員を派遣する。

5 研修体系の推進

1 研修の充実について、県教育委員会、県小中学校長会等へ要望する。

2 長野県総合教育センター等の研修について引き続き学校事務職員が参加できるよう要望すると共に、学校事務職員のキャリアアップに必要な講座の充実について要望する。

6 校内会計、教育団体事務改善の取り組み

1 教育団体事務改善委員会に参画し、引き続き改善に努力する。   

(1)各地区に指導的立場の事務改善委員会相談員を継続設置する。

(2)団体事務改善に関する会員の意見が反映できるように努める。

2 電算事務処理に関する学習を深め、正確な処理ができるようにするために、
  仕様説明書の活用について、地区研での学習の機会をお願いし
ていく。

 

情報部事業計画

事 業 項 目

説         明

1 学校事務の

ICT研究、

Webサイト運営、アーカイブの運営

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報企画委員会を設置し、「学校事務の情報化」に関する研究、「県事研ホームページの管理・運営」をすすめるとともに、会員の能率・資質向上、研究の支援、研究成果を残すことを目的に、地区研・県事研の研究資料等についてアーカイブ化(情報化・共有化)をはかる。

1 委員会の構成及び運営

(1)委員会内にWebサイト運営委員会を設置する。

(2)委員名(うち理事1名)を委嘱する。

(3)会議は年5回程度とする。

2 活動内容

(1)学校事務のICT研究

学校事務におけるICTについて研究を行う。

「情報企画委員会だより」を発行し、ICT研究・Webサイト運営・アーカイブ事業に関すること等をわかりやすい内容で広く会員へ周知する。

②ソフトウェアライブラリーの管理運営を行う。

③地区ICTサポーターとの連携をすすめる。

(2)Webサイト運営

①Webサイト運営委員会を開催し、県事研が運営する各Webサイトの利活用推進、県事研各部及び各委員会との連携、ネットワーク構想の検討等を行う。

②「県事研ホームページ運用要領」及び「ネットワーク利用のガイドライン」に基づいて県事研ホームページの管理・運営を行う。

ア 地域に開かれた窓口として本会の活動を広く公開する。

イ 会員へ県事研情報や学校事務研究にかかわる情報を提供し、相互の連携を深める。

ウ ログインID・パスワードの管理をする。

エ アーカイブと事務指導書との連携について研究する。

オ コンテンツの保守・管理を行う。

カ 県事研ホームページの内容を充実させ、利活用方法等について検討し、会員へ周知する。

キ 県事研ホームページに県事研(各部・各委員会)及び地区研会長会の各ルームを設置し、各種依頼や情報交換の場とする。

(3)アーカイブ事業の運営

①アーカイブ資料の管理運営を行う。

②「県事研資料(各部、委員会研究資料、活動報告、会報等)」「例規」「研修大会テキスト」等について、アーカイブ化をはかる。

③地区研提供資料(認定事務事例集、教職員向け周知資料、地区研研究成果物等)について、地区研からの提供を受けアーカイブ化をはかる。

2 会報の発行

 

 

 

 

 

 

 

 

本会事業が円滑に推進できるように、会報を通じて、会員に必要な情報を発信する。

1 会報「長野事務研会報」を年3回(192~194号)発行する。

会報は県事研ホームページに掲載する。

(1)代議員会議案の掲載

(2)第52回長野県公立小中学校事務職員研修大会について

(3)第37回長野県学校事務研究会について

(4)全国事務研究大会等参加報告

(5)地区研活動の紹介等

(6)活動の反省と来年度への課題

2 会報号外を発行する。号外は内容によって県事研ホームページ掲載またはメール配信する。

3 会報ダウンロード不具合への対応等を行う。

3 50周年記念誌の配布

平成30年度新規会員に「五十年のあゆみ」を冊子で配布する。冊子の配布はこれで終了し、以降はアーカイブを活用することとする。

4 調査協力・情報収集等

1 全事研からの各種調査に協力する。

2 地区研会報を収集・配布し、会員及び地区研の情報交換を行う。

 

関連リンク