県条例等に基づいて作成したものや、個人名が入っているものがありますので、会員以外へのパスワード漏洩のないようお願いします。
 

サイト内検索

Internet Explorer バージョン11のダウンロードやアップロード等の不具合は、互換表示設定で解決できます。参考にしてください→ie11対処法.pdf
 

令和2年度 会長挨拶(県事研会報第198号より)  会長 牛越 正

本年度引続き会長を務めることになりました。これまでの一年間、力不足な点が多々あったと感じておりますが、会員の皆様や地区研究会、関係諸機関の御理解・御支援をいただきながら、他の役員の皆さんと力を合わせて令和2年度の県事研活動をすすめてまいります。よろしくお願いいたします。

このところ、日本各地で毎年のように自然災害の被害の報告がありますが、昨年度は長野県内においても台風19号による災害が発生し、東北信地域を中心に広い範囲で被害の報告がありました。災害からの復旧も道半ばのところ、1月からは新型コロナウイルス感染による被害の発生、感染拡大防止のため学校が休校になるなど、私たちの目の前で事態は日々刻々と変化し続けています。令和2年3月の第5回地区研会長会は開催を見送るなど、県事研の活動にも直接的に影響が出ました。今後の予測も難しく、例年のようには実施できないことが多数発生すると思われます。その時々の社会情勢をよく見て、柔軟に、臨機応変に活動を行っていきたいと思います。

平成29年4月の学校教育法改正により法的に位置づけられた「共同学校事務室」については、県内でも今年度からの設置の動きが出ています。事務研究会の組織・活動にも少なからず影響があるものと思われます。全県で情報を共有し、対応していきたいと思います。

 

さて、県事研事業計画ですが、活動基本目標として「よりよき教育のための学校事務をめざして」、研究基本テーマには「学校教育目標達成のために組織の中で機能する学校事務」を引続き掲げます。本年度もこれらの目標・テーマを大切に、県事研活動をすすめてまいります。

各部の事業については、本年度、いくつか節目を迎える活動があります。

研究活動においては、第Ⅱ期研究実践計画が最終年を迎え、これまでの活動の評価を行うとともに、今後の進め方について検討をすすめます。全国・関ブロ大会レポート作成委員会については、本年3月までにレポートを概ねまとめており、本年度は両大会での発表に向けて準備をしていきます。全事研からは既に8月の全国岐阜大会見送りがアナウンスされていますが、状況に合わせてすすめてまいります。

研修活動においては、第4次改定研修計画が令和3年度までとなっていますので、研修計画策定委員会により第5次研修計画の作成をすすめます。全国・関ブロ大会レポート作成委員会のレポート内容もいかしながらすすめていきたいと思います。

このほかにも、例年行っている事務指導書の編集、研修大会・学校事務研究会の開催、県事研ホームページを通じた会員の支援など、着実にすすめてまいります。

これらの事業をすすめるにあたっては、教育委員会や校長会をはじめとする関係諸機関の皆様との連携、会員の皆様からの声を大切にしていかなければならないと感じています。県事研活動への御理解・御協力をお願いし、年度当初のあいさつといたします。一年間、よろしくお願いします。

 

関連リンク